2013年6月22日土曜日

エレキ戦高速化計画 ver1 ライブウェル





エレキ戦高速化計画 ver1 ライブウェルをクールにしてみました。



今までは、リアの浮力体の上にど~んとクーラーボックスを改造したものを置いて使用していました。

ロッドは、ライブウェルの左右のすきまに集中しティプが絡み合いトーナメント中に『イラッ』とすることがあります。

また、水を入れると重心が上に上がるのでボートが多少不安定になります。

おっちゃんになると、このわずかな事がしんどくなってきます。




ボートの寸法、フラットデッキの高さ等に合わせているので、ロッドによるストレスは全くなくなりましたね。

水を入れても重心は下なので、安定感も抜群です。

なにより見た目がクールでしょ。




『遊心 T-style』松田さんご自身がバリバリの現役メンターですから、ライブウェルの細部までメンターの気持ちが反映されています。

また、その技術の高さにも感動しました。

心あるモノづくりを強く感じますね。

このお話は、ver2完成後 『BRUSHしゅういちレポ』で詳しく紹介させて頂きます。



『遊心 T-style』さんでは、マウントショートカットやショートマウント用FRPバウデッキ、レンタルボートFRPのデッキ等を製作販売されています。

『遊心 T-style』さんは、コチラからどうぞ。


ver2は関西初?の試みかも?




BRUSH TOP PAGE



★BRUSHの『しゅういちレポ』を書かせて頂いています★